FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由にセックスを語る

フリーセックスと言った場合、必ずしも裸の男女が、お互いの性器を刺激しあうという必要はない、ここでは、そんな話題を取り上げてみようと思います。
 本来、フリーセックスという言葉は、多様な意味を持っております。 英々辞典を調べてみると、”男女平等”という意味でも使われているくらいですから。。。。 ただし、ここは、「フリーSEX倶楽部」のブログですので、そこまで範囲を広げることはお許しいただくこととします。

 実は、実際のプレイを別としても、「フリーセックス」という概念を実践している人は、多数存在しているということを紹介しておきたいのです。そして、、これは、僕としても、 当倶楽部のオフ会で、初めて知ったことです。そうなのです、オフ会に参加してくださった女性から、その後の感想として、こんなコメントをたくさんいただいたことで知ったことなのです。
 それは、こんな内容でした。

 「セックスについての会話を、遠慮なくできるだけで、参加した意味がありました。」  
 「女性同士で、セックスの悩みを相談できる場は、他にないので、新鮮でしたし、楽しかった。」
 「さすがに、古くからの親友、学校つながりのお友達、近所の奥様とは、セックスの話しはできないので。。」
 「素敵な参加男性にも興味ありますが、今は、女性参加者とオープンに、セックスのお話をするのが楽しみ。」
主なものだけでも、このような、感想なのです。

 実際、オフ会の様子を眺めていると、女性同士でオッパイを触りあったり、ショーツの中を覗いていたり、、、もちろん、これは、何らかの個人的な悩みを相談している時の風景。もちろん、そうなれば、男性参加者も、その相談の輪に加わったり、結果として、その後の 混浴、ベッドルームへとつながっていくわけです。

 セックスの話題はタブー、
 一人で、悩むもの。

 そんな常識は、ここでは忘れていただいて結構。行為としてのフリーセックスに興味を持っているのであれば、そのための基礎知識、経験談は、積極的に他人から吸収すべきだと思います。 そうすることで、もっと楽しい、そして、快適な 性生活を楽しむことができるかもしれません。

 そういう意味では、僕のオフ会の例で言えば、原則プレイなしの「昼下がりの茶会」や、プチオフ会というのは、「頭でセックスする」ための新しいスペースになっていたのかもしれません。これは、今風に言えば、「脳内セックス」。 頭の悪い男性は、女性に良いセックスを提供できません(by参加女性)。事実、食事タイムでの会話センスが乏しい男性は、ベッドでも、あまり良い仕事をしていなようです(笑)。

 もちろん、プレイとしてのフリーセックスについても、回を重ねるとともに、要求レベルが上がっていくのかもしれません。
 初めて、結婚相手や恋人以外との セックスをして、ドキドキする。 そして、夫婦愛とか、恋愛感情とは離れたところでのセックスに快感を覚える自分に気がつく。 今までに見せたことのない エッチな自分に驚く。 そして、さらには、ライトSM、輪姦、乱交などに興味をもっていく。そんな異常な、非日常的な環境で、オトコに貫かれている自分を想像して、実行してみたいと思うようになる。これも、全て自然なこと。

 そんな自分が不安になった時に相談できる相手、オープンに自分の性意識の変化を相談できる場所、友人・知人をもっている、それが大切だと思います。

 フリーセックスについての正しい情報は、現場にあります。

>>フリーセックス倶楽部WEB トップページへ

>>ブログ「フリーセックス倶楽部通信」へ

>>セックス48手 

>>セックスパーティー ピロートーク 

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。