FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複数プレイ

ここでは、『複数プレイ』について書いてみようと思います。前のセクションで、「相互鑑賞」について、その内容を紹介しました。この場合、他人の視線を浴びながらのセックスになること、あるいは視界に、他人のセックスが飛び込んでくる点で、それなりに 非日常のセックス空間を体験することができます。
 ただし、この場合でも、あなた方のセックスに、第三者が絡んでくる ことはありません。ここでは、あくまでも、二人だけのプレイを楽しむことが前提です。その場合は、周囲の「刺激」を上手に活用することで、乱交パーティーの雰囲気を楽しむということになります。

 それに対して、複数プレイの場合は、第三者を含んでのプレイを楽しむことになります。
 3Pとか、4Pとか、そのような言葉を聞いたことのある方は多いと思います。つまり、3人、4人で、同時にセックスプレイをすることを指します。男女比も様々ですが、それぞれが、絡み合うように刺激あうことになります。

 なかでも、もっともポピュラーなのが、3Pだと思います。 
 それも、男性2に対して、女性1という場合が、最も多いケースだと思います。二人の男性で、一人の女性をセックスしていく。両方の乳房を刺激しながらキスする男性と、クンニをする男性。四つんばいになった女性に対して、一人の男性がバックから挿入、他の男性は、フェラをしてもらう。中には、騎乗位で女性自身に挿入されている女性のアナルに他の男性が挿入、、、そんなケースがあります。

 一方、これとは逆に、女性2に対して、男性1というケースもあります。経験的に言いますと、これは、男性としては、かなり忙しいです(笑)。。。。
 指で、女性の両脚の付け根を刺激する場合でも、左右の手を同時に使うことは、かなりハードです。。 二人の女性の反応が微妙に違うので、それぞれに対応するのが大変(笑)。 そのうち、腕がつってきたりして。。。 また、一人の女性に騎乗位で挿入している時に、他の女性が、顔にまたがってきたりして。。。

 これが、4Pになると、また、もう少し上級レベルになります。男女2対2の場合などは、女性の慣れ具合も重要。女性が女性に絡んでいくことで、複数プレイは、盛り上がっていくことになります。ただし、あくまでも、基本は3Pだと思います。あとは、炭素化合物を示す化学式のように、その要素が、連結され、積み重なっていくことで、より大規模な複数プレイに発展していきます。 そうですね、部屋中の、10人を超える男女が、複雑に絡み合っているプレイ風景は、ある意味、壮観なものがあります。

 ここで、複数プレイの場合の注意事項をひとつ。 
 これは、ここのブログでも、何度か書いていますが、最初にプレイしていたパートナーへの目配り、配慮を忘れないことが必要です。そこを忘れてしまうと、パートナーはもちろん、他の参加者からの信頼感も失うことになります。ここだけは、ぜひ、覚えておいて欲しいものです。

 
>>フリーセックス倶楽部WEB トップページへ

>>ブログ「フリーセックス倶楽部通信」へ

>>セックス48手 

>>セックスパーティー ピロートーク 


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。