FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪姦プレイ

「複数プレイ」のところで触れましたが、この場合のプレイ形態は、シンボリックに、3P、4P、5P、、と表現されます。ここでは、女性一人に対して、複数男性が絡んでいくというケースに、話しを絞ってみます。

 3Pの場合、前回紹介したとおり、二人の男性が同時に、一人の女性をセックスしていくことになります。男性にとっても、女性にとっても、複数プレイの入門スタイルとしては経験すべき形態だと思います。また、4Pの場合、一人の女性を、三人の男性でセックスしていく。この場合は、男性参加者同士での アイコンタクトとか、タイミングをはかる技術が必要。そういう意味では、大規模複数プレイのためのステップアップには最適なケースだと言えます。 ま、一度は登ってみるべき階段かもしれません。

 その延長線上には、5P、6Pがありますが、「業界的には(?)」、このあたりになってくると、単なる複数プレイとは区別するようになります。平たく言えば、一人の女性を、大勢の男性でセックスしていくことを、輪姦プレイ と言います。いろいろな解釈がありますが、一般的には、女性一人に対して、男性6名以上の場合を、「輪姦」と呼んでいるケース が多いようです(間違っていたら、ごめんなさい)。この場合、女性にしてみれば、10本を超える手で、同時に愛撫されたり、全身を同時に愛撫されたりという点で、十分な非日常間を味わうことができます。
 ただし、
 輪姦の、もっとも輪姦たるゆえんは、
 ・次から次へと挿入されること、
 ・果てしない挿入の連続
ということになります。

 一人の男性が射精すると、次の男性が続いて挿入してくる。そうすることで、30分でも、40分でも、挿入感を連続して味わうことができます。そして、複数の男性に対して秘部をさらし、その男性自身を受け入れ、さらに、その様子を、見られる。そこに、興奮の源泉があります。M系女性に、その志願者が多いのも、プレイスタイルを見れば、納得できます。

追伸)強姦 と 輪姦プレイは違いますので、その点、お間違いなく。強姦は犯罪です。

>>フリーセックス倶楽部WEB トップページへ

>>ブログ「フリーセックス倶楽部通信」へ

>>セックス48手 

>>セックスパーティー ピロートーク 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。