FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単独参加 と カップル参加

「単独さん ですか?」

 このフレーズを聞いて、おもわず苦笑してしまうアナタは、既に立派な、乱交プロ  です♪。

 いわゆる乱交パーティーへの参加形態には、
 ・ひとりで参加する場合  と、 
 ・パートナーを同伴して二人で参加する場合 があります。
このような状態を、 乱交パーティー、ハプニングバー、エッチ系サークルの世界の専門用語(?)によって、 それぞれ、
 ・単独参加、 および 
 ・カップル参加 と言います。

 パーティーの参加申込みをする際、以下のような区分が表記されていることに、気がつくと思います。
 1.単独男性
 2.単独女性
 3.カップル(参加)
読んで文字のごとくですから、解説は不要だと思いますので、説明は省略しますが、楽しみたいと思う方法、および参加しようとする会のタイプによって、適切な参加形態を選ぶことが重要です。

 最初に、「単独男性」。
 この場合は、ある程度、遊び慣れている必要があります。あるいは、他の単独参加女性や、カップル参加の女性をひきつけるための なんらかの魅力が必要です(厳しいようですが、これが現実)。そうであれば、フリーセックスを楽しむために参加している女性と、自然に馴染むことができます。もっとも気楽に、自由に遊べる参加形態ですが、一方で、空振りに終わる可能性も高いと言えます。

 次に、「単独女性」の場合。
 この場合は、違った意味で、遊び慣れている必要があります。単独男性と違って、本人が希望する限りにおいて、遊べるチャンスは必ずあると言えます。ただし、その分、「断り方」が難しい。そういう意味で、経験が必要です。タイプではない男性から声をかけられた場合に、「ここで断ったら、場の空気を冷やしてしまうのではないか。」などという、つまらない気の使い方をするケースがあるようです。そして、気がついたら、複数の男性に囲まれて、輪姦状態になっていたとか。。 最初は、経験ある女性にエスコートしてもらって、参加してみるのも良い方法かもしれません。

 最後に、「カップル参加」。
 この場合は、比較的優位な立場で、遊べる可能性があります。自然と、男性・女性ともに余裕ある様子で振舞うことができますし、カップルに接近してくる単独男性は、比較的、ルールをわきまえた慣れた男性が多いからです。また、同伴女性が、単独女性と親しくなる可能性は、かなり高いので、そういう意味では、きっかけ作りには苦労しない と言えます。ただし、パートナーへの配慮を忘れないことが重要。これは、いつも書いていることです。

 こんなことが、参考になれば幸いです。

>>フリーセックス倶楽部WEB トップページへ

>>ブログ「フリーセックス倶楽部通信」へ

>>セックス48手 

>>セックスパーティー ピロートーク 

 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。