FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単独参加でも遊べるか

ここまで、フリーセックス空間への参加形態を、いくつか紹介してきました。そして、それは、大きく分けると、最終的には、次の2タイプに分類されます。
 ①単独参加
 ②カップル参加
この2つに分類されます。

 さて、乱交パーティー(仕込み女性のいる違法な裏風俗は除きます)や、ハプニングバーでの遊び方として、「単独参加」で、遊ぶことができるか? 平たく言った場合、「単独参加」した場合に、セックスまで到達できるか? その点について、今回は、思うところを書いてみようと思います。

 最初に、お断りしておきます。
 ここで、単独参加と言った場合、それは、「単独男性参加」を指すものとします。というのは、「単独女性参加」の場合は、本人が希望する限りにおいて、よほどのことがない限り、セックスすることは容易だからです。例外は、単独参加女性が、どの男性からも敬遠されるような女性だったり、あるいは、女性としてのストライクゾーンが極端に狭いために、どんな男性もお眼鏡にかなわなかった場合です。

 これに対して、「単独参加男性」が、セックスまで到達するためには、険しい道のりを経なければなりません。
 まず、一般的には、男女比から言って、男性の方が人数的に多いからです。したがって、そこでは、弱肉強食の世界が待っております。結果として、上手に、女性にアピールできる男性であること、また、参加女性に好印象を与えるような振る舞い、ルックスであることが必要です。

 ちなみに、男性比が多い理由は、主宰の悪意ではなく、合理的な理由があります。会が始まって、最初のセックスタイムが終わると、男性には、インターバルタイムが必要です。そこで、最初のセックスタイムで、ベッドへ行かなかった男性が、女性の2回戦のお付き合いをすることになります。そして、2回戦が終わった頃、何人かの男性は、復活している。そういう理由です。何度か、男女比が同じ位のパーティーを経験したことがありますが、その場合は、女性参加者側に、待ち時間が発生してしまい、困ってしまった記憶があります。
 そういう意味では、単独男性として初参加する場合は、1ラウンド目は様子見に専念する手もあります。そこで、あなたにとって誘いやすい女性を見極めておいて、2ラウンド目に上手に誘うという方法もあります。

 とにかく、単独参加男性が、パーティーなどで、限られた時間の中で、セックスまで到達するためには、清潔で、紳士的な振る舞いが必要だと言えます。そんな振る舞いに加えて、上手なコミュニケーション能力を備えていることで、あなたは、リビングルームでの主導権をとることができます。もちろん、全ての女性に対して主導権をとる必要はなく、あなたのターゲット女性に対して、アピールできれば良いわけです。

 時々、リビングルームでの会話が面白すぎて、そのまま、リビングで終わりという男性もいらっしゃいますが、それでも、そこでの獲得ポイントは大きいので、次回のパーティー以降は、ベッドへの誘い方も楽になります。
 つまり、これは、一般社会と同じこと。好感を持たれる男性であれば、たとえ、単独参加であっても、しかも、初参加の単独男性であっても、十分にフリーセックスとしてのプレイを楽しむことはできるわけです。
 そうそう、 そのパーティーでは初参加でも、乱交パーティーそのものの経験が豊富な方は、それはそれで、女性にもてます。そういった雰囲気というのは、自然にわかるものです。

 結局のところ、安心感を与えることのできる単独男性は、OKということではないでしょうか。。

 ちなみに、せっかくベッドへ行ったものの、そこで乱暴なセックスをしたり、自分勝手なセックスをしてしまうと、次回から、誘いにくくなります、、、念のため♪。

>>フリーセックス倶楽部WEB トップページへ

>>ブログ「フリーセックス倶楽部通信」へ

>>セックス48手 

>>セックスパーティー ピロートーク 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。